【警告】MacでGoogle Chromeに起動オプションをつける方法【消す】

Mac OS 10.5

こんにちは、根尾仁人(ネオニート)です。未だにわたしは時代遅れの Mac OS 10.5 Leopard を愛用しております。数ヶ月前からChromeに見放されている事を知りつつもアップグレードが面倒で放置していました。

最近になって致命的な場所に警告メッセージが表示されだしたので、起動オプションでメッセージが表示されないようにしてみました。

Chromeからの警告メッセージ

Chromeのサポート終了警告メッセージ

7月くらいから「Mac OS 10.5 を実行しているため、このパソコンは Google Chrome の更新を受け取りません。」と、サポート終了の警告メッセージがChromeの起動ページに表示されていたのですが、違うページに移動すれば消えるようなものだったので気にせずに放置していました。

ところが、最近になって、Flashが埋め込まれたサイトを閲覧すると、このような警告メッセージが表示されるようになりました。

ChromeのFlashプラグイン警告メッセージ

Adobe Flash Player のバージョンが古いためブロックされました。」と、Flashのあるページを閲覧するたびにひたすら表示してくださいます。(消しても出てくる。)

普通だったら、Flashを更新すれば良いだけの話なのですが、私の Mac OS 10.5 ではFlashのバージョンは 10,3,183,23 までしか対応していない模様。(最新バージョンは 11.4.402.278)

では、OSをアップグレードすればいいだけの話ということになるのですが、わたくしはニートな身分でして、お金は無い上にちょっと面倒だったり。そこで、何か解決法は無いのかと「詳しく見る」で詳しくみてみました。

Chromeの警告メッセージを非表示にする方法

詳しく見た結果、「古くなったプラグインの通知を Google Chrome で表示したくない場合は、コマンドライン フラグ --allow-outdated-plugins を使用します。」という事らしいです。警告メッセージが出ないように起動オプションをつけて起動して下さいねっていう事ですかね。

ちなみにおすすめしない方法らしいので、自己責任で行って下さい。

ターミナルから起動オプションをつけてChromeを起動する方法

まず Google Chrome を終了させて、それから「ターミナル」というアプリケーションを起動します。Finderで「ターミナル」と検索したら出てくるディスプレイのアイコンのやつです。

Finder上のターミナル

すると、テキストが入力できる画面になるので、下記のコマンドをコピペで入力します。

/Applications/Google\ Chrome.app/Contents/MacOS/Google\ Chrome --allow-outdated-plugins

Enterキーを押して実行すると、警告メッセージが表示されないChromeが立ち上がります。

Automatorを使って起動オプション付きChromeをつくる方法

毎回ターミナルからChromeを起動するのは面倒なので、「Automator」というアプリケーションを使って起動オプション付きのChromeを作ってみました。

Finderで「Automator」と検索をするとでてくる、ロボットのアイコンのやつです。

Finder上のAutomator

Automator を起動したら、「新規ワークフロー〜」と、選択画面が出てくるので、「カスタム」を選択します。

新規ワーウフローの選択画面

左上の検索フォームから「シェル」と検索して、「シェルスクリプトを実行」をダブルクリックします。「cat」と入力されているエリアに下記のコマンドを入力します。

/Applications/Google\ Chrome.app/Contents/MacOS/Google\ Chrome --allow-outdated-plugins

シェルスクリプトを実行コマンド入力

そして、保存(command + S)します。保存の時は、フォーマットを「アプリケーション」にして、適当な名前を付けてアプリケーションフォルダに保存します。

Chromeが起動していない状態でAutomatorで作ったアプリケーションをダブルクリックすることで、警告メッセージが表示されないChromeが立ち上がります。

応急処置として使用して、OSをアップグレードするのがベスト

このような方法は単なる応急処置だと思うので、やっぱりOSをアップグレードするのが1番望ましい方法だと思います。10.6からじゃないと使えない便利なフリーソフトなど沢山ある事ですし、これを機会にようやく重い腰を上げようと思います。(あー、でも面倒だな。)

Mac OS 10.6 Snow Leopardの購入方法

【追記】現在Mac OS 10.6 Snow Leopardは販売終了しておりApple Storeから姿を消しているのですが、Apple Storeのフリーダイヤル(TEL.0120-993-993)に直接電話をかけたところ、まだ在庫は残っていることだったので、購入する事ができました。

スノーレオパード

ネットで出回っているSnow Leopardは通常よりも高額で売られているのですが、Apple Sotreでしたら、Mac OS X 10.6 Snow Leopard ファミリーパック(最高5台までインストール可能なもの)で、送料無料の2,600円で購入できます。

はじめてAppleのフリーダイヤルのコールセンターに電話をしたのですが、使っているMacがどのOSまで対応しているのかも調べてくれたり、対応は凄くよかったです。

Chrome起動オプション参考サイト

使い方によっては便利な起動オプション。その他にも色々あるみたいです。

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。